若き経済学者のアメリカEnglish ≫ 『日本人の知らない日本語』とシンクロする、僕自身が日本語を教えた経験

『日本人の知らない日本語』とシンクロする、僕自身が日本語を教えた経験

累計200万部を越える人気シリーズ『日本人の知らない日本語』に、なんと第四弾<海外編>が登場した。前回の<祝!卒業編>でてっきりシリーズ完結と思っていただけに、これは嬉しい誤算。

以前にも書いたように、このシリーズは大ネタ小ネタ満載の傑作ストーリーが面白いだけでなく、実は僕自身の体験ともえらくシンクロするのである。外国人に日本語を教えるというのが、いかに難しいことか。彼らが使うヘンテコな日本語に思わず笑っちゃうけど、決してそれを哂っちゃいけない。彼らのシンプルな質問に応えるのは、決して簡単なことではないのだから。





そうやって、日本語というものに改めて向き合えるのが本シリーズの醍醐味でもあり、<日本語"再発見"コミック>というサブタイトルは伊達じゃない。外国人に日本語を教える機会があるなら必携の、そうでなくても大いにベンキョーになる内容だ。笑いを噛み殺しながら、ぜひマジメに読んで欲しい一冊。

今回の新刊第四弾は、海外で日本語を学ぶ外国人がフォーカスされるが、訪れるのがフランスやドイツなどヨーロッパの国ばかり。どうせならアメリカ版も見てみたかったな~。




2013/08/22(木) | English | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

-

『管理人のみ閲覧できます』

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/10/25(土) 19:03:08 | | [ 編集]

wai_jay

『Re: No title』

コメントありがとうございます。この本、ほんと面白いですよね!外国語習得というのは誰にとってもいかに大変で奥深いものか、よく分かりますね。今後ともどうぞよろしくお願いします。

2014/10/26(日) 10:10:43 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/673-bf2b1d15
 |  HOME  |