若き経済学者のアメリカOthers ≫ YouTube とワタシ

YouTube とワタシ

YouTube がなかなか黒字化せず、現在テコ入れ中というWSJの記事。2006年にGoogleがYouTubeを買収したときには本当びっくりしたものだ。その金額についてではなく、そんなにあっさりと売ってしまう、YouTubeの創業者に驚いたのだ。

グーグルなんかを遥かに凌ぐ企業に育てようとか、その手で世界を変えてやろうとか、そんな起業家精神を(シリコンバレーとは言えど)皆が皆もっているわけではないのだということを知った。野心とか執着とかガッツとかには縁遠い、スティーブ・ジョブズなどとは全く違ったタイプの、現代っ子的な起業家像を見たような気がしたのだ。

そんなある意味で、smart な創業者なのだが、こんなにも黒字を達成できないとなると、あの時点で、将来のポテンシャルだけで売り払った判断は、実はとても clever でもあったんじゃないかとうがった見方をしてみる。もし、グーグルに売っていなければ、当然グーグルがその後の競争相手になっていた可能性も高く、その上昨今の株価下落に巻き込まれるか、もしくはそもそもIPOにも至っていなかったかも知れない。そんな風に考えると、この現代っ子は実はいま、心の底でニンマリしていたりして。

それにしても、YouTubeはスゴイ。何がって、ここ数年テレビなんか全く見ていなかった僕をふたたび画面の前に呼び戻したのだから。日本語が恋しいからか、ホームシックなのか、単に暇があっただけなのか、この夏うっかりと色々見てしまった。

そのうっかりベスト3は、
1.ドラマ: 「14才の母」に涙がこぼれ、放送中の月9「ブザービート」に思わず胸がきゅんとなる・・・。
2.お笑い: ほとんど初体験のお笑いなのだが、マジ笑ってしもうたよ。U字工事っていいなあ。
3.某深夜番組: 現在放送中。ものすげぇ面白いんだけど。

それにしても、小まめに動画をアップしてくれる人たちがこんなにもいるなんて。とくにドラマは、中国の人たちも多く見ているようで、コメント欄に「謝謝」とあったり、つたない日本語で謝意を表したりしているのを見ると、とても微笑ましい。これは絶対に日中友好にも貢献してるんだろうね。

2009/08/25(火) | Others | トラックバック(0) | コメント(4)

«  |  HOME  |  »

C

『すみません・・・』

そんなにご覧になられていたのですか!
驚きですけれども、

YouTubeを売ったときに、私は
「彼はこの世界で張り合って生きていくことに疲れたのかな」
とも思いました。
大きくなればなるほど、大変になることも思い通りにならないことも、競合も多くなる。
Googleが買収していなかったら、今ごろどうなるのか・・。
Online上の動画の行方については、私は、GyaoとYahoo動画の合併についてもちょっと注目しています。
あまりに淘汰されすぎると、利用者にとって良いのか悪いのか・・。

一番高いところで売る。
この才能ってやっぱりとっても重要ですね。

2009/08/25(火) 17:41:57 | URL | [ 編集]

tamago

『Re: すみません・・・』

けっこう見ちゃいましたね・・・。まぁ夏休みでしたし・・・。
でも動画アップしてくれる人は、なぜわざわざそんなことしてくれるのでしょう?「ありがとう」と言ってもらえるのが嬉しいからかな。
僕なんかは、最初の感謝の気持ちを忘れて、次第に「早く続きをアップしろよ!」になっていましたからね、いけませんね。改めて、ありがとう! > アップしてくれる皆様

2009/08/26(水) 01:17:23 | URL | [ 編集]

Suzuka

『No title』

わ、わかる・・・。私も8月初旬の帰国直前、ふと暇になった時につい見てしまいました。お笑いはいいですよね。英語版にはサタデーナイトライブが良いとクラスメートが言ってました。さすがに名探偵コナンを見てしまったときはちょっとへこみましたが(笑)orz

2009/08/30(日) 04:11:24 | URL | [ 編集]

tamago

『Re: No title』

まさかアメリカに来てから日本のお笑いを見ちゃうとはね(笑)。 また新学期が始まりますね。はりきっていきましょー!

2009/08/30(日) 13:45:53 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/105-e0faf8c7
 |  HOME  |