若き経済学者のアメリカClass ≫ Knowledge producer へ

Knowledge producer へ

最近、授業を受けたり、論文を読んだり、経済学関連のサイトを見たりする中で、何度か繰り返して目にし耳にする言葉がある。それは、knowledge の consumer から producer へ、という文言だ。強く印象に残る言葉だ。僕らはこの場所で、今まさにそのジャンプが求められているのである。1年目のコースワークで基礎知識を叩き込まれ、今は knowledge の最先端で何が起きているのかを学ぶ。しかし、ここまではあくまでも、consumer でしかない。人の造りし知識に安住するだけでなく、巨人の肩に乗って遥か先を見つめ、新たな知の創造に貢献できるかどうかが、これから求められることなのだ。


P1000658.jpg

2009/10/20(火) | Class | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

Suzuka

『No title』

面白いことに、producerになって発信し始めると、更にknowledgeが勝手に集まってくるのですよね。

2009/10/21(水) 10:02:45 | URL | [ 編集]

tamago

『Re: No title』

情報がさらなる情報を呼ぶ、という好循環はありますよね。その意味でも今学期は、近い将来の produce を意識して、consume していきたいと思います。

2009/10/22(木) 01:54:20 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/113-2e84131d
 |  HOME  |