若き経済学者のアメリカAmerica ≫ 日本男児として回答する

日本男児として回答する

日本への留学を前に、以前彼女から質問を受けたことがある。「日本の男の子について聞きたいことがあるんだけど」と。うむ、よろしい。日本でいい出会いがあるかも知れないからね、今のうちに何でも聞きなさい、僕が日本男児を代表して答えてあげようと。それで、さっそく二つある質問のうちの一つ目。

日本の男の子って、碇シンジくんみたいなの?


え?なかなかいい質問だね・・・。予想外の問いに思わず答えに窮してしまう。余りの不覚をごまかすためもあって、もう一つの質問を先に聞くことに。そして続けて問われたのは、

日本の男の子って、外国の女の子はアスカみたいだと思ってるの?


まじ?エヴァ連発??というか、鋭くね・・・?と、既に劣勢に追い込まれたような気になりながら、何とか答えを振り絞る。

一つ目の回答。「い、いぇす・・・」
二つ目の回答。「い、いぇす・・・・・・」
日本男児を代表しての回答、これでよかったのかしら?? そして続けて、男性の多くが碇シンジにどこかしら共感していることや、アスカのキャラクター設定について説明を試みる。その結果、彼女の反応は当然、

あんた(たち日本人って)、バカぁ?


である。
だからアスカって言われるんだっつーの。




2010/01/17(日) | America | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/150-92da699a
 |  HOME  |