若き経済学者のアメリカAmerica ≫ アメリカンな引越し事情

アメリカンな引越し事情

この冬引越しをしたわけではないのだが、友人のMoving Saleで諸々譲ってもらう機会があった。さて譲ってもらってから気づいたのだが、アメリカの引越し代金の何と高いことよ。その上、評判の悪い引越し業者が多く、ネット上にはそうしたクレームが溢れている。これではどれが良心的な業者なのか判断も難しい。そこで、アメリカ人の友人5人に彼らの引越し経験を聞いてみることにした。その結果、4名はU-Haulを利用したとのこと。そして残る1名は、父親に任せたらU-Haulでやってくれたとのこと。今まで一度も聞いたことがない企業名だったが、すさまじい利用率ではないか、U-Haulとやら。

で、そのU-Haulとは結局、トラックだけをレンタルして、後は全部自分でやるっていうことなんだな。それが一番安全確実でその上安いとのこと。いくつかの業者から見積もりを取り、ネットで業者の評判チェック等をした結果、結局僕も友人たちにならって、そのU-Haulで Do It Yourself することにしたのであった。そして、これがレンタルしてきたトラック。でけぇ!普通の運転免許で乗っていいのか不安だったが、ここまでは普通車の範囲になるらしい。ということで頑張って、友人に手伝ってもらいながら、荷物の出し入れも運転も自分でやってきた次第である。

P1010113.jpg


それにしても興味深いのが、こんなにも評判の悪いアメリカの引越し業界である。クレームの多くは、家具に傷を付けたのに保証もしない、見積もり以上の金額を請求された、その上支払うまで荷物を下ろしてくれないといった内容が多い。そしてよくよく調べてみると、この業界が抱える構造上の問題に行き着くことが分かる。

まず第一に、引越し業者の請求は、日本のように荷物の数(容積)で計るのではなく、総重量で計算されるのである。だから、いくら引っ越し業者が自宅を訪れて荷物チェックをしても、その場で料金が確定することはない。最終的な見積もりは、荷物を全部トラックに載せ、トラックごと重量計に載せて重さを量ったときなのである。とはいっても、既に荷物を載せ終えているわけだから、この時点で見積もりをもらっても、値段が高いからと言って断るようなことはまずない。そんなことをすれば、手数料を支払った上で再度自宅に荷物を運び入れなくてはならなくなってしまうからだ。だからこの時の見積もりは、よほどのことがない限り、そのまま請求額ということになる。

そしてこの重量計がクセモノなのである。別にそれそのものがインチキというわけではないのだが、引越しの依頼主が計測に付き合うことがまずないのである。それはそうだ、自宅の前で計ることはできないのだから、その設備があるところまで行かねばならない。しかし、運転席に業者の人、助手席にそのアシスタントが座ってしまえば、依頼主が一緒に着いていくということは現実的に難しい。だから、計測を業者に一任することになるのだが、そうすると後から、「いやぁ実は結構荷物重かったみたいっす。すんませんが、代金は当初見積もりの1.5倍になります」とか軽く言われてしまうような事態が起こりうる。それがトラブルになるのだ。

第二に、荷物を返してくれない件について。上記の例で言えば、「1.5倍はかかり過ぎだろ、そんなには払えんぞ」と業者に言い返したとする。そうすると、「それでは結構です。お支払い頂くまで当社でお預かりさせて頂きます」となるわけだ。こんなことはまず日本では聞かない。それは日本の引越し業者が心優しいからということでは決してなく、単に荷物を預かるコストが高過ぎるからだ。それに対し、アメリカの業者のの多くは自社の倉庫を保有しており貸し倉庫業も営んでいたりする。それもアメリカにありがちな思い切り広大な土地に用意したビッグサイズの倉庫が。だから、追加で荷物を預かるコストが著しく低く、依頼主が根負けして請求額を支払うまで十分待っていられるわけである。

そんな業界の暗部が見えてくると、なぜにアメリカでこれほどまでに引越しクレームが多いのか、そして悪徳業者を避けるという理由もあって Moving Sale が盛んな事情であったり、トラックだけレンタルの U-Haulの利用率の高さといったものが腹に落ちるように理解できるようになる。僕も今回、この17トン積みのビッグトラックを運転してみて、ちょっぴり逞しくなったのであった。

2010/01/26(火) | America | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/151-a4c8e38c
 |  HOME  |