若き経済学者のアメリカOthers ≫ キーワードという名のニーズ

キーワードという名のニーズ

ブログを書いて1年が経ち、なかなかに面白いものだと改めて思う。書くということが習慣化していないため、書くのにも時間がかかるし、更新頻度も高いわけではない。それでも気長に書き続けられたらいいなと思うくらいには、その面白さを実感している。そして、個人的に考えるオモシロポイントは、

1.読んでくれる人がいる
そのことにまず感謝。キーワード検索で辿り着いてくれたことに深謝。そして読み続けてくれることに謝謝。その検索ワードを眺めているだけでも発見が多い。ブログ内で一度書いただけの女優名で検索してきてくれた人には「芸能ブログじゃなくてすまねぇ」と心の中で謝り、このブログタイトルそのもので検索してくれた人には「ご指名ありがとうございま~す」と人気ホストの気分になってみたりして(笑)。そんな、誰か必ず見ている人がいるのだというネット上でのリアルな実感を、ブログを通して初めて持ったのである。

2.ニーズが分かる
諸々の分析ツールのおかげもあって、どんな人が、どんな目的でネット上で情報収集しているのかということが、驚くほどよく分かる。急にアクセスが増えたと思ったら、なるほどここのリンクから飛んできたのかということも分かると同時に、リンクを貼ったその人のネット内での影響力というものも垣間見えてくる。ニーズが分かるということは、ニーズが「ない」ことを実感するということでもある。超気合を入れて書いた「これ滅茶苦茶オモロイでぇ」なエントリが全然読まれもせず、あれれと肩透かしを喰うこともしばしばだ。そのズレに気づかされるのがまたオモロイ訳である。

これまでアクセスが多かったエントリーを、以下にまとめておこう。

(1)経済学関連
・ミクロ経済学:コースワーク秋学期および春学期の授業内容
・マクロ経済学:秋学期および春学期
・計量経済学:秋学期および春学期
経済学の定番教科書
キックアウトとアメリカ法社会
経済学での留学生のブログなので、これらのエントリにアクセスがあるのは頷ける。これから留学を考えている人や、現在同じく留学中の人などが、実際の授業内容やその雰囲気を知ろうと読んでくれているのだと予想される。

(2)オバマの演説
オバマとアメリカの医療保険改革
オバマとアメリカの教育改革
オバマのカイロ演説 ~言葉のチカラ
もう一人の主役
オバマの演説
オバマ大統領の演説に関するエントリにはアクセスが集まる。とくに演説直後は、英語原稿と動画を合わせて探している人が多い。演説内容と同時に、英語スピーチの勉強としても多くの人がオバマの語り口を参考にしているのだろう。

(3)TEDのトーク
TED に学ぶ英語トーク
One more TED
僕としては一番意外だったのが、このTED関連のエントリ。2回しか書いていないのにアクセスは多い。これも英語スピーチもしくはリスニングの練習として、TEDを利用している人が多いことの表れなのだろう。僕自身はアメリカに来てからTEDのことを知ったので、確かに日本にいるときからこれで英語の勉強ができていればなぁという気持ちを持っている。

といったことが分かるというのも、ブログの面白さの一つなのであった。

2010/01/21(木) | Others | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/154-dac3e238
 |  HOME  |