若き経済学者のアメリカEconomics ≫ 経済学の micro trends

経済学の micro trends

経済学の研究の先端を紹介しているのが、"ECONOMICS 2.0"。それにしても・・・、なぜこんなタイトルにしてしまったか。昨年の出版時にも既に出遅れ感漂っていた「2.0」だが、書店にとってはもはや棚に置くのも躊躇しちゃうようなタイトリングだぜ。。

それでも本の内容自体は真面目に書かれており、かつ面白く読める。現在の経済学の主流ではないものの、新たな視点・新たな潮流の息吹を感じることができる一冊だ。各章のタイトル/サブタイトルには次のようなトピックが並ぶ。

3. The Enigma of the Labor Market
・Longer Unemployment Can Be a Good Thing

7. The Logic of Globalization
・Trade without Comparative Cost Advantages
・The World - A Village?

8. Financial Market - Totally Efficient or Totally Crazy?
・The First Shall Be the Last
・Rational Bubbles Burst Rationally

10. Managers Are People, Too
・Company Leaders Are Not Born That Way

11. The High Art of Buying and Selling
・Brand Image Pays Off Twice

13. In the Darkness of the Market Economy
・Why Banks Don't Like to Google?


流行りの行動経済学一色でないところも好感が持てるし、何よりも各章の参考文献が充実していること、そしていわゆる経済学のトップジャーナルからの引用が多いのがよいね。次の流行に乗るためのネタ探しには最適かも??


Economics 2.0: What the Best Minds in Economics Can Teach You About Business and Life



2010/03/22(月) | Economics | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/171-a33be6b7
 |  HOME  |