若き経済学者のアメリカAmerica ≫ The best cities in the U.S.

The best cities in the U.S.

for working mothers.

ということだが、working mother に優しい町は、きっとその他の人々にとっても暮らしやすいだろう。東海岸と西海岸にある都市の評価が高いのは毎度のことだが、それ以外では(前々回にも書いたが)テキサスの躍進が目立つ。失業率の低さやチャイルドケアの項目で州内複数の都市がランクインしている。メキシコからの移民も含めてだろうが、新住民とくに若い家族世帯の流入が続いているのではないだろうか。

あえて東京エリアでいうなら、江東区豊洲みたいなものかしら?東京マラソンを走ったときに初めて見たが、あの変貌ぶりには本当に驚いたゾ。いつの間にあんなにファンシーでファミリーチックな場所に生まれ変わったのかと。幼稚園や学校の教室数が不足しているという問題も聞くが、それでも駅前やショッピングセンター周辺の活気は以前には見られなかったものだ。きっとテキサスにはその数倍スケールの活気が溢れているのではないか、と想像してみる。


mothers.png



2010/03/24(水) | America | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/174-35e8b75c
 |  HOME  |