若き経済学者のアメリカEconomics ≫ Structural vs Experimental

Structural vs Experimental

こういうのを犬猿の仲と呼ぶのだろうか。計量経済学の手法を巡って、Structural派とExperimental派の仁義なき闘いが続いている。平和主義者の僕にはもう目を開けていられないほどの殺伐さだ。その論争の様は、Journal of Econometrics (May 2010)Journal of Economic Perspectives (Spring 2010) に詳しい。

そういえば友人関係がこじれたときなんかも僕はいつだって仲裁役だった。「まぁまぁ、お互い仲良くやってこーぜ」という台詞がよく似合ってしまった僕はだからこそ、Rust の結語に激しく同意するわけである。

It really isn't productive to criticize the status quo in economics these days, nor is it productive to try to promote the virtues of structural estimation.
   (中略)
A better way to sell a tool to an educated consumer is to demonstrate that it is not too expensive or hard to use, and that it can do important things that would be difficult or impossible to do without it.
   (中略)
There should be ample room for different methodological approaches to empirical work: in the words of Rodney King, "Why can't we all just get along?"

2010/05/26(水) | Economics | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/198-b05f5f2f
 |  HOME  |