若き経済学者のアメリカEconomics ≫ Empirical IO

Empirical IO

ガッツリ structural な 実証IOの授業。カバーしたのは、
1. Estimating static demand: Differentiated products (BLP (1995) etc.)
2. Applications of differentiated product demand models (Petrin (2002) etc.)
3. Extensions (Bajari & Benkard (2006) etc.)
4. Production function estimation (Olley & Pakes (1996) etc.)
5. Estimating static games of complete information (Berry (1992) etc.)
6. Estimating static games of incomplete information (Seim (2006) etc.)
7. Single agent dynamic models (Rust (1987), Hotz & Miller (1993) etc.)
8, Multi agent dynamic models (Aguirregabiria & Mirra (2007), BLL (2007) etc.)
9. Applications of dynamic models (Ryan (2006), Collard-Wexler (2006) etc.)

computational な宿題では、BLPを回したりする。面白いジャン!タームペーパーでは少々ベタかしらとは思いつつ、航空業界を取り上げる。実証IOは近年興味深い論文が相次ぎ、とても熱い分野だ。IO theory と Econometric method と computation の組み合わせから成るため、innovation が起きやすい分野と言えるのかも知れない。と同時に、例えば econometric method の新規性が必ずしも computational に実現可能というわけではない点に難しさを抱えてもいる。だからこそ、創意工夫が求められ、エキサイティングな分野となっているのだろう。



2010/05/28(金) | Economics | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/199-a4ae0d13
 |  HOME  |