若き経済学者のアメリカJapan ≫ 煌めく才能

煌めく才能

「ずっと、好きでした・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、写真が。」

あぶねーー!危なかったぁ~。あと1つ「・・・」が続くほどの間があったら間違いなく誤解されていた。そう僕がずっと見つめていたのは、写真家梅佳代。ひらがな4文字うめかよ。本名である。能登の柳田村生まれの彼女はここに定期的に戻ってくるという。今回は地元小学校に招かれての講演会と、新作写真集となる『じいちゃんさま』の制作準備で帰省したところだったそうな。

1981年生まれの彼女は、写真専門学校を経て、2006年衝撃のデビュー作『うめめ』を発表。同作によって、翌年の第32回木村伊兵衛写真賞を受賞する。10万部を超えるメガヒットを記録した『うめめ』に収められた作品を、誰しもどこかで見たことがあるだろう。そんな写真界の新星を前にして僕はガッチガチに緊張していたのだが、話してみれば拍子抜けするほどに、ほぼ日での対談そのまんまのキャラクターやんけ!大阪弁の気さくなねーちゃん、という感じだ。さすがだ。カメラの性能には全然こだわらず、標準レンズだけで撮った写真を、家電量販店で現像しているだけのことはある(笑)。

短い時間しか話せなかったけど、思い切って告白してよかったゼ。ただ、今でもひとつ激しく後悔していることがある。それは彼女のメールアドレスを聞かなかったことなんかではなく(それもある?)、あの場で「じいちゃんさまにも会わせて下さい!!」ってお願いしなかったこと。だって写真集を見るまでは、こんなにお茶目なじいちゃんだなんて知らなかったんだもーん。

うめめ じいちゃんさま


【追記】なんと、2013年4月13日から、6月23日まで、東京オペラシティで梅佳代展やってるらしいぞ。ドント・ミス・イット!



2010/06/25(金) | Japan | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/208-6067dd60
 |  HOME  |