若き経済学者のアメリカBooks ≫ Think different.

Think different.

旭山動物園を廃園の危機から再生させた小菅正夫元園長と、金沢21世紀美術館を組織し地元に定着させた蓑豊元館長。この二人からは同じ匂いのリーダーシップを感じる。それはコンセプトやビジョンといったもので語られがちだが、一言で言えば "Think different." なのだと思う。彼らは現状を肯定せず、規則を嫌う。周りと衝突しクレイジーと言われながらも、最後には彼らはものごとを変えた。そして新しい世界を僕らの前に創ってみせた。そうできるはずだと彼らは本気で信じていたから。


彼らのリーダーシップは、"Think right." でもある。動物園の本来の役割は何か?それは安全性を重視して飼い慣らした動物を見せることなのか?管理しやすい飼育設備を用意することなのか?そんな本質的な問いから始まるからこそ、手段や手法で意見がぶつかることがあっても、達成すべき目標にブレはない。その結果、周囲の理解と協力を少しずつ獲得していく様は、映画の名作『十二人の怒れる男』を想起させるほどだ。小菅正夫と蓑豊の正論に触れるたびに、僕らこそが既成概念に囚われ、(逆の意味で)"Think different." していたのではないかとハッとさせられる。いつの時代も正論は叩かれる。でも叩かれても倒れない芯の強さが正論にはあるのだという事実を、動物園と美術館という異なる舞台の上で目の当たりにした。僕はそれを無視することはできない。彼らは本当に世界を変えたのだから。






2010/07/05(月) | Books | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

Suzuka

『Apple CM』

お久しぶり。アップルのCMがあまりに懐かしかったのでついコメント。思えば大学時代(ひぇー、10年前だ・・・)、このCMの英語本バージョンを教授が渡してくれて、コピーして社会人になってもずっともってました。読んでる本も結構かぶっていたりしますな。

日本旅、楽しそうでよいですね。

2010/07/08(木) 12:05:09 | URL | [ 編集]

tamago

『Re: Apple CM』

おひさしぶりです! やっぱり日本旅は楽しいですねー。書いていて思わずホームシックになりました(笑)

2010/07/09(金) 02:02:40 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/219-e3969d37
 |  HOME  |