若き経済学者のアメリカEnglish ≫ English (speaking)

English (speaking)

以前書いたように、11月からネイティブスピーカーに時間をとってもらい、英会話の練習を始めた。僕が自分で設定したテーマについて、1時間~1時間半程度話し、その途中であっても気づいた点・おかしな点、を指摘してもらっている。日本語専攻の学部2年生である彼女にとっても興味がわくテーマの方がしっかり聞いてもらえるだろうと思い、例えば、日本の大学受験システム、学部生の勉強スタイル/ライフスタイル、就職時に人気の日本企業、等について話した。

指摘してもらっているのは主に次の2点。
1つ目は、基本的な文法の誤り。単語の勘違いや、単数・複数のミス、その他時制の間違い等、「正しい」「正しくない」を注意してもらっている。
2つ目は、英語としての表現方法。文法上は正しいのかも知れないが、ネイティブはその使い方はしないよという視点から「自然」「不自然」を教えてもらっている。まさに「ここがヘンだよ、あなたの英語!」と指摘してもらっているわけだ。

自然な英語表現と不自然な表現というのは、どうしても自分では分からない。だからこそ、とくに2点目の方を期待して、この練習を始めたわけだ。そして、確かに毎回のように発見がある。

例えば、「新聞によると~」という言い方。ごくシンプルな表現だし、日本語でも英語でも、日常会話に出てくるものだ。さてこの文言、英語ではどのように表現する(もしくは使い分ける)のが「自然」でしょうか?(また、その他の選択肢が「不自然」な理由は何でしょうか?)
1.The newspaper writes ~
2.The newspaper reads ~
3.The newspaper says ~
4.The newspaper tells ~
5.その他 (          )

どれでも伝わるんでないかい、それで十分でないかい、とずっと思ってきた。そして実際に「何とか」伝わっていたんだろうと思う。ただし、「ヘンな英語だけど、しょうがねえな留学生だし」と思われながらだろうけど。でも、もう少し上の英語力をつけるには、「不自然な表現」の理由を理解し、「自然な表現」をそれこそ自然に話せるようにならなくては、と思うのだ。その意味で、とても有難いレッスンだと感謝。

ちなみに、上の5択、newspaper が paper (論文) に変わったら、答えも変わるでしょうか?変わるとしたらどれに、そしてナゼ? 
難しいなぁ、語学。


2008/12/27(土) | English | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/22-54c6c024
 |  HOME  |