若き経済学者のアメリカEconomics ≫ 歴史学と経済学と Natural Experiment

歴史学と経済学と Natural Experiment

ジャレド・ダイヤモンドらが編集したテキストが、"Natural Experiments of History"。

In the historical disciplines, a fruitful approach has been to use natural experiments or the comparative method. This book consists of eight comparative studies drawn from history, archeology, economics, economic history, geography, and political science. The studies cover a spectrum of approaches, ranging from a non-quantitative narrative style in the early chapters to quantitative statistical analyses in the later chapters.


彼が「クーリエ・ジャポン」で紹介したイスパニョーラ島の分析(ハイチとドミニカの経済格差)は、本書第4章 "Intra-Island and Inter-Island Comparisons" にて詳説されている。もうひとつ興味深いトピックは、第7章 "From Ancien Regime to Capitalism: The Spread of the French Revolution as a Natural Experiment"。本書の共著者 James Robinson が、Daron Acemoglu, Davide Cantoni, Simon Johnson と共にまとめた研究で、最も計量経済学的に分析された章である。

James Robinson & Daron Acemoglu のコンビでは、これ以外にも、Institution, Democracy, Economic Growth に関する一連の研究があり、いずれも詳細なデータを精緻に分析しており、かつ面白く新しい発見が多いとくれば、トップジャーナルに載らないわけがないのである。

また、本書のテーマ "Natural Experiment" のうち、どれが「ナチュラル」であり、どういったものがそうでないのかは、Rosenzweig & Wolpin (2000) のサーベイが詳しい。


Natural Experiments of History


----------------
Acemoglu, D., S. Johnson, and J. Robinson (2005), "The Rise of Europe: Atlantic Trade, Institutional Change, and Economic Growth", AER

Acemoglu, D., S. Johnson, and J. Robinson (2001), "The Colonial Origins of Comparative Development: An Empirical Investigation", AER

Acemoglu, D. and J. Robinson (2001), "Why Did the West Extend the Franchise? Growth, Inequality and Democracy in Historical Perspective", QJE

Rosenzweig, M. and K. Wolpin (2000), "Natural “Natural Experiments” in Economics", Journal of Economic Literature



2010/09/15(水) | Economics | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/265-30bf0f1f
 |  HOME  |