若き経済学者のアメリカEconomics ≫ データと指紋とFBI

データと指紋とFBI

リサーチを進める中で、特殊なデータにアクセスさせてもらえることになった。こいつは大変にありがたい。ただ難点は、データのセキュリティレベルが高く、アクセス申請してから承認までにやたら時間がかかること。今は申請書一式提出し終えたので、あとは許可がおりるのを待つだけなのだが、結構待たされるような気配である。

そのうえ、データ管轄がFBIということもあってか、指紋まで取られてしもうたよ・・・。まぁ今どきアメリカ入国時にも取られるくらいなので大したことではないのだが、入国審査のような機械式ではなく、黒インクを指十本に塗りたくられ、係員に手首を掴まれたまま書類に指を押し付けるというのは、犯罪者のようでやはり気分はワルイものなのだ。ちっ。やられた分はきっちり取り返すしかないな、データを活用させてもらうということで。

2010/10/09(土) | Economics | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/269-f742420c
 |  HOME  |