若き経済学者のアメリカEnglish ≫ アスカ、帰国

アスカ、帰国

「アスカ、来日」中だった彼女も、日本での短期留学を終えアメリカに戻ってきた。半年間の東京滞在を存分に楽しんだようで、目をキラキラさせながら土産話を語ってくれたぞ。さすがTOKYO、どうやら彼女のハートをがっちりと掴んだみたいだ。

国内旅行も関東周辺のいくつかの温泉を手始めに、京都そして沖縄まで足を伸ばしたようだ。で、何が一番印象深かったと聞いてみたところ、即答で「日本の女の子がとってもガーリーだったこと」。なるほどねぇ~。ああいうカワイイ感じの女の子ってアメリカには全く存在しないからな。男勝りなアスカにとっては、実際に会って友達になってみても、日本の女の子のファッションや雰囲気そして話す話題等々、それはそれは相当な衝撃だったらしい。

でも実はそれ以上の驚きは、「日本の男の子も恐ろしいほどガーリッシュだった」ことなのではないだろうか・・・。確かにそうだよね・・・と思わず苦笑い。イマドキの日本男児は草を食んで生きているからな、なんて思いつつも、アメリカで霞を食っている僕自身も、実のところあんまり大差ない存在だったりして。

2010/12/13(月) | English | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

C

『ガーリッシュな男子。』

ホントだよ・・。

少なくとも私の周りには、ガーリッシュな男しか、いない!!!!

2010/12/14(火) 00:16:24 | URL | [ 編集]

tamago

『Re: ガーリッシュな男子。』

実はそれはとても素晴らしいことなのではないかと・・・? 日本はイタリアを目指せという議論と同じように、マッチョにもソフトマッチョにも向いていない日本(男子)は、今後ますますガーリー度を高めていくべきなのでは??

2010/12/15(水) 12:59:01 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/280-520ea3c1
 |  HOME  |