若き経済学者のアメリカEnglish ≫ 英語ライティング再び

英語ライティング再び

それにしても、アスカに帰ってきてもらってホント助かった。書いている途中のペーパーであっても彼女に添削してもらうと、それだけで、例えばイントロダクションの部分なんか見違えるほどの出来になる。英文ライティングは自分でもかなりの時間をかけてトレーニングは続けているのだが、そんなに速攻で上手く書けるようにはならない。そういう筋トレはコツコツと続けつつも、現時点でのやり方をきっちり指導してくれるトレーナーの存在は、スポーツに限らず語学においても同じように必要だと思うわけである。だからこそ、こんなに優秀な添削パートナーに恵まれたのは本当にありがたいことです。

というわけでアスカ留守中に英語の勉強相手になってもらっていたカヲル君とはこれにて終了。何しろ彼はまさに「裏切ったな!! 僕の気持ちを裏切ったな!!」状態だったからね(笑)。

2010/12/16(木) | English | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/281-06acd746
 |  HOME  |