若き経済学者のアメリカEconomics ≫ アメリカ経済学ジョブマーケット2

アメリカ経済学ジョブマーケット2

ジョブマーケットに関しては、それこそいろんな人が、いろんな所で、いろんな視点でアドバイスをしているので、各々読み比べてみるのも面白い。例えば、Chris Blatmann の場合はこんな感じ

1. Don’t underestimate the importance of the second question.
2. Have an elevator speech.
3. Don’t sell some schools short.
4. Don’t go on a ‘limited’ market.
5. There are increasing returns to your main paper or chapter.
6. Narcissists and sycophants need not apply.
7. One glass of wine at dinner.


より詳しく how to 的に書かれたアドバイスとしては、John Cawley の "A Guide (and advice) for Economists on the U.S. Junior Academic Job Market" がある。それこそ準備段階に始まり、オファーをもらったあとの「ネゴシエーション」まで何とも極め細かい(苦笑)。フライアウト先でのディナーに関しても、テーブルマナーとして、食事中の会話についてだけでなく、外側のフォークとナイフから使うべしという基本までその指摘は及ぶ。(ちなみにここでは「お酒は2杯までよ」となっている。)しかしこういう注意までせねばならないのは、アメリカ人学生の幼稚さ、もしくは留学生のマナーの欠落によるものなのか。それともPh.D.生全般に対する社交性のなさを嘆いているのだろうか。いずれにしても、ここまで手取り足取り指導されているワケである。


その Cawley の(本筋での)アドバイスの要点は以下のとおり。

Below are the four most important pieces of advice regarding the job market.

1) Know where you fit in the discipline of economics; in particular, know:
  a. In what fields of economics you will specialize
  b. How your job market paper relates to the literature
  c. Your comparative advantages as a researcher and teacher

2) Success in the job market is finding a good match – from your perspective, a job in which your work is appreciated and in which you can grow and improve.

3) Honesty with your advisors and potential employers about your interests, comparative advantages, and any constraints on your search improves your chances of finding a good match.

4) The job market is the first period in a repeat game. You will continue to interact with the people you meet on the job market as journal referees, discussants, grant reviewers, and colleagues. Conducting yourself with maturity and integrity on the job market will pay dividends far into the future.



それ以外には、毎年実施されている調査の最新版として Deck, Jebaraj, and Curington の "Survey of the Labor Market for new Ph.D. Hires in Economics 2010-2011" があり、アメリカ各大学の採用人数やオファー条件等がまとめられている。"maturity and integrity" の範囲で「タフネゴシエーター」をやるつもりであってもなくても(笑)、知っておいて損のない数字なのでは。

その他、経済学ジョブマーケットと経済学者の給与に関する各調査・ペーパーについては、ここに一覧がまとめられている(ただし、Cawley および Deck et al. のリンクは古い年度のもの)。



2011/02/16(水) | Economics | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/291-990f5d42
 |  HOME  |