若き経済学者のアメリカAmerica ≫ アメリカ・リベラルアーツカレッジの旅2: アマースト大学

アメリカ・リベラルアーツカレッジの旅2: アマースト大学

USニュースランキング一位の Williams College の近くには、二位にランクされている Amherst College もあるので、ついでに立ち寄ってみた。日本人卒業生には新島襄や内村鑑三がいる歴史ある学校だ。だから、2013年のNHK大河ドラマ『八重の桜』でも当時のキャンパス写真が出たりするかも?

Williams College のある「村」と比べると、ここ Amherst は確かに「町」くらいの規模はある。キャンパス周りに大きな道路が何本か走り、バスも通る。
Amherst1.jpg


キャンパスはやはり美しい緑に覆われるが、古い趣きある Williams の建物と比べるとより近代的(といっても十分古いが)な造りとなっているのが対照的。銅像の主のことはもちろん知らぬ。
Amherst2.jpg


夏休み最後の週末ということもあり、キャンパス内では学生寮に引越してくる新入生と、それを手伝う父親の姿をよく見かけた。駐車場も行列で、なかなか賑やかな一日だったのではないだろうか。
Amherst3.jpg


キャンパスの外に出ると、それなりの数のショップやレストランが立ち並ぶ。近くに銀行支店もあるし、もう少し足を伸ばせば、Whole Foods に Trader Joe's といった比較的高級志向の食料スーパーの他、Walmart や 大型書店 Barnes & Nobleまであり、日常生活には全く困らないだろう。新入生の歓迎レセプションとパーティーが町主催で開かれるらしく、その辺りも Williamstown とは随分違う。静かな佇まいの Williamstown と比し、ここ Amherst はより活動的な空気が漂う町だった。

Amherst4.jpg




2011/09/16(金) | America | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/364-27264122
 |  HOME  |