若き経済学者のアメリカAmerica ≫ アメリカでマラソンデビューしてきた

アメリカでマラソンデビューしてきた

この秋、ちょっと田舎の方まで遠征して、フルマラソンを走ってきた。初マラソンが TOKYO 2008 だった僕にとって、もちろんこれがアメリカでのデビュー戦である。当日は快晴に恵まれたベストコンディション。もうちょっといいタイムで走れたのになーと、自分の結果に悔しい思いはあるのだが、3年前よりは少しだけよい記録だったのだから満足しなくちゃな。そもそも運動不足なんだし。

しかしそれにしても一番悔しいのは、写真に写るこのギャルっちいお姉さんに、最後の最後で抜かされたことだよなー。人は見かけによらぬのか、単に僕がのろかっただけなのか。いずれにしても次回もっと頑張ります・・・。


marathon2011.jpg




2011/11/21(月) | America | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/385-94d1ab93
 |  HOME  |