若き経済学者のアメリカArt ≫ →Pia-no-jaC← がとんでもなくイイ

→Pia-no-jaC← がとんでもなくイイ

ひきこもりのお供に、→Pia-no-jaC←の音楽を。『First Contact』から3年、あのピアノ・ジャックが待望のベスト『First Best』をついにリリース! などということは、その存在をつい最近知ったばかりの僕が言うことではもちろんない(笑)。

→Pia-no-jaC←(ピアノジャック):
HAYATO(Piano)、HIRO(Cajon/ペルー発祥の打楽器)の二人で構成されるインストゥルメンタルユニット。名前の由来は左から読むと「ピアノ」、右から読むと「カホン」となる。鍵盤と打楽器だけという非常にシンプルな構成ながらも、独学で培った重厚なサウンドは非常にエネルギッシュかつシャープでありながらオリエンタルな匂い、「和」のテイストが散りばめられている。



First Contact First Best

それにしも、めちゃくちゃクールやん。その躍動感と疾走感、そしてその鮮烈な旋律にオレは心の底から戦慄したぞ。個人的に一番のお気に入りは、この「台風」。彼らの音楽があればいつまででも引き篭もっていられるかも?と一瞬思ったのだがやっぱムリだ。ライブ行きたくなるじゃねーか!







2011/12/16(金) | Art | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/394-1f5f9788
 |  HOME  |