若き経済学者のアメリカEnglish ≫ あっぱれ、日本人の英語

あっぱれ、日本人の英語

落語は英語にキク、というのはどうやら本当らしい。別に僕が確かめたワケでは全然ないのだが、「英語の達人」と呼ばれた日本人の中にもそんな風に英語を学んだ人がいると知り、ふむふむなるほど、と思ったのである。

以下の2冊はいずれも斎藤兆史による英語学習案内。他の類書と比べて本書が際立ってユニークなのは、「日本人が本質的に英語が苦手だという通念などまったく信じるに足らぬ」という視点に立ち、世界を相手に活躍した「日本の英語達人」たちが、「どのようにして英語を学び、そして用いたのか」を歴史的に解き明かしている点であろう。日本人の英語コンプレックスを煽るようなテキストが多々ある中、これはとても面白いアプローチだと思う。

1冊目の『英語達人列伝 ~あっぱれ、日本人の英語』は、黒船到来の頃から1980年代まで、さまざまな業界で活躍した日本人10人の生い立ちから英語との最初の接点、そしていかに英語をモノにしていったのかを綴った歴史物語。著者自身も若干言い訳しているように、白洲次郎や新渡戸稲造をもってくるのは反則スレスレのところではあるが、それ以外には、一度も海外に出ることがなかった言語学者や、英語が本当に苦手だった外交官なども登場し、そういう苦労をした人達のエピソードは大変興味深いし、当然より参考になる。

2冊目の『英語達人塾』は、歴史読み物だった1冊目を英語学習テキスト風に再編集したような趣き。登場する日本の達人は一部重複する。具体的な構成は、「音読」「暗唱」「多読」「作文」といったように、トレーニング別に章立てされており、例えば「音読」であれば新渡戸稲造に、「暗唱」であれば幣原喜重郎と岩崎民平のやり方に学ぶ、という内容なのだ。そんな彼らの英語学習法を読むと、英語を学ぶのもそれこそ落語と同じように、体が覚えるほどに稽古を積むことが絶対的な王道なのだろうと、改めて思うのである。基本は日本語、真似と反復、継続は力なり、なんだよね結局のところ。


英語達人列伝―あっぱれ、日本人の英語 (中公新書) 英語達人塾 極めるための独習法指南 (中公新書)




2012/01/27(金) | English | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/416-ca462576
 |  HOME  |