若き経済学者のアメリカArt ≫ 映画『アーティスト』とフランス訛り

映画『アーティスト』とフランス訛り

映画『アーティスト』が今週末から日本で上映なんだね。とってもチャーミングな映画で、心もほっと温まる、誰にでもオススメできるいい映画だった。アカデミー賞を授賞するのかどうか、先月の授賞式も初めてTV中継で観てしまったのだが、予想通り式自体はあまり面白いものではない。

しかし『アーティスト』製作・俳優陣の受賞スピーチがとても印象に残った。強烈なフランス訛りで喜びと感謝をめいっぱい表していて、ときおり見せる「オレ達のアクセント、キュートでしょ」的な視線がステキ。発音とかアクセントとか、非英語ネイティブなんだから気にしてもしょうがない。オレもあのノリでいけばいいんだな、と勇気づけてくれるフランスチームなのであった。







2012/04/06(金) | Art | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/446-3c7df420
 |  HOME  |