若き経済学者のアメリカEconomics ≫ 行動経済学と Nudge と政策立案

行動経済学と Nudge と政策立案

行動経済学の知見を活かした政策立案についての Economist の記事:Nudge nudge, think think: The use of behavioural economics in public policy shows promise. ベストセラーとなった、リチャード・セイラー&キャス・サンスティーン著 "Nudge" (邦訳『実践行動経済学』)。サンスティーンはその後オバマ大統領に請われてホワイトハウス入り、一方のセイラーは キャメロン首相が Nudge Unit を立ち上げた英国のアドバイザーを務めているとのこと。

で具体的にどんな新たな政策に結びついているかというと、例えば自動車税を払わない人への督促状。通達の最後に “pay your tax or lose your car” という一文を添え、かつ自動車の写真を封入しておくと、遅れて税金を払いに来る人が3倍増になったとのこと。むむむ、やっぱりセコイ・・・、って言っちゃあダメだよね(笑)


実践 行動経済学 健康、富、幸福への聡明な選択




2012/04/30(月) | Economics | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/451-19fab35d
 |  HOME  |