若き経済学者のアメリカEconomics ≫ フェイスブックのデータチームが面白い

フェイスブックのデータチームが面白い

フェイスブックのデータチームが時々発表する統計が面白い。例えば先月リリースされた、The Right Time for Love: Tracking the Seasonality of Relationship Formation. やっぱりクリスマスとバレンタインを前に彼氏・彼女を見つける人が多いんだろうなぁという僕らの予想が、データで裏付けられるというのはとても興味深い。そのチャートがこちら。そうか、やはり世界中どこへ行っても恋愛ビッグイベントはこの2つなんだよなと、予想が確信へと変わる瞬間。

What Days Are People Getting Together?
The days around Valentine's Day and Christmas are good chances to try your luck or breathe a bit easier. The data showed far more people paired up around these times than joined the ranks of the newly single.

Feb. 14: 49% more new relationships than break-ups
Dec. 25: 34% more
Dec. 24: 28% more
Feb. 15: 22% more



もちろん、フェイスブックが「カップル成立の瞬間」まで抑えているわけではなく、あくまでもフェイスブック上の status 変更というデータに基づいているに過ぎない。だからタイムラグだってある。それでも、"But considering the relative levels of coupling and splitting up across days, months and seasons still helps us understand the temporal patterns of relationship change among people on Facebook." というように、興味深いことに変わりはない。とはいえ、次のクリスマスやバレンタイに必要以上に頑張る必要はないと思うけどね。

これまで恋愛統計といえば、前にも書いたように、数学科卒CEOが率いる 出会い系の OkCupid と、彼ら "math guys" たちが運営する OkTrends が抜群に面白いと思っていた。しかし、フェイスブックのユーザー数とパーソナルな情報の量・質を考えると、フェイスブックのこのデータチームも、今後さらに面白いリサーチ結果を見せてくれそうである。




2012/04/19(木) | Economics | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/454-48818a06
 |  HOME  |