若き経済学者のアメリカEconomics ≫ フェイスブックのデータサイエンティストが面白い

フェイスブックのデータサイエンティストが面白い

さて、そんなフェイスブックのデータチームに所属するデータサイエンティスト Adam Kramer に対するインタビューがこちら。心理学Ph.D. の彼は、フェイスブックユーザーの感情やグループ成立過程、そして個人の幸福や "Gross National Happiness" なんかに関するデータを取って研究しているとのこと。

それにしても、心理学者のタマゴもプログラミング言語くらい学んどけ、という以下の助言は極めてプラクティカルだな。その他、American Psychological Association での彼のインタビューはこちらから

Q: What's your advice for other graduating Psychology researchers?
A: Learn how to program. Even if you aren't interested in a job like being a Facebook Data Scientist or an industry job in general, the biggest wastes of time I saw in graduate school were point-and-click data manipulation tasks in programs like Excel or SPSS. Start by doing your statistical analyses in R, and after the learning curve, you will find that your "results" sections are much, much faster to write!






2012/04/23(月) | Economics | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/455-4895ef7c
 |  HOME  |