若き経済学者のアメリカJapan ≫ 長野県根羽村で英語を教えるよ!

長野県根羽村で英語を教えるよ!

先月大学を卒業した友人のハリー(仮名)。彼がこれから日本に行き、JETプログラムの一環で英語を教えることになったのは、以前書いたとおりだ。そのハリーから、着任先が決まったとの連絡があった。長野県根羽村、ということだ。

村の面積の90%余りを森林が占める、自然豊かな「ネバーランド」がキャッチフレーズのこの村。人口1,100人で小学校と中学校が一つずつ。おそらくハリーは、この両方の学校で英語の授業を担当することになるんだろう。日常生活で英語を使う機会はあまりなさそうであり、だからこそ日本語も格段に上達するだろう。

絶対に東京がいい!と言って来日したアスカ(仮名)とはえらい違いだけど、ハリーはきっとこの根羽村の暮らしにもすぐ馴染むことだろう。彼は絵に描いたような好青年であり、その上イケメンときたもんだ。全国でも高齢化率上位にランクするこの村では、おじいちゃん・おばあちゃん達のアイドルになるような気がする。そんな生活を思い切り楽しんできて欲しいな。エンジョイ!




2012/06/25(月) | Japan | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/483-5166251c
 |  HOME  |