若き経済学者のアメリカEnglish ≫ 「真珠の耳飾りの少女」とアイデアの源

「真珠の耳飾りの少女」とアイデアの源

フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」を見てきた。上野の東京都美術館は大行列で、この少女のモテぶりがよく分かるようだ。

vermerueno.jpg

ちなみに次の写真は、銀座のフェルメール・センターに飾られている複製。福岡伸一監修による特別展で、フェルメールの全作品をリ・クリエイトしたものだ。写真だといまいちその違いが伝わらないが、この2枚の何が違うって、明らかに目力が違うのである。ホンモノの眼差しの強さを確認するためにも、精巧なニセモノを見ておくというのは悪くないかも知れない。

vermerginza.jpg


さて、この少女を題材に同名のベストセラーを書いたのがトレイシー・シュヴァリエ。スカーレット・ヨハンソン主演で映画化もされたので、そちらで知っている人も多いだろう。そのシュヴァリエが先日、TEDトークに登場し、"Finding the story inside the painting" について話した。絵画とどう対峙し、その中のモチーフとどんな対話をするのか。フェルメールファンはもちろん、創作というものに関わる人にとってはどこにどう作品アイデアを見つけるのか、大いに参考になる内容だと思う。

真珠の耳飾りの少女 (白水Uブックス) 真珠の耳飾りの少女 通常版 [DVD]






2012/08/17(金) | English | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/503-de4b660b
 |  HOME  |