若き経済学者のアメリカBooks ≫ 本とビールとシアワセな時間

本とビールとシアワセな時間

下北沢に新しくオープンした話題の本屋B&B、そこが企画するイベントがさっそく面白そうだ。まずは、HONZの「公開朝会」。むむ、あさって8月8日の朝7時スタートだ。行っとく?

つづいて個人的に気になるのが、8月16日の、三島邦弘×光嶋裕介「出版と建築、ときどき合気道」。ほぼ日で人気だった連載「みんなの家。」が単行本化され、それに関するトークイベントだ。これも行っとく?

それ以外にも企画が相次いでいるようで、確かにこういう本屋があっていいよなーと思うわけである。そんなに集客力のあるものばかりとも思えないのだが、間違いなくコアなファンが付くだろう。そういうの、大事だよね。


みんなの家。建築家一年生の初仕事

2012/08/06(月) | Books | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/509-12f89b72
 |  HOME  |