若き経済学者のアメリカBooks ≫ 究極の走り|Born to Run! Eat & Run!!

究極の走り|Born to Run! Eat & Run!!

以前書いたように、アメリカでベストセラーとなったマラソン書『BORN To RUN 走るために生まれた』。その著者である Christopher McDougall がリスペクトするのが、Scott Jerek である。

ウルトラマラソン・ランナーの Scott は、走ると同時に食べることにも徹底してこだわる。もちろんそれは他のランナーにも当てはまることだろうが、彼のこだわりは自ら料理するということ。彼の新著 "EAT & Run" は、彼が転戦した世界のウルトラマラソンの光景だけでなく、地元の食材を使って楽しそうに調理・食事する彼の様子が収められたフォトエッセイ。

世界各地のマラソンに出るのなら、地元料理を思い切り楽しみたいし、どうせなら僕も自ら包丁を振るってみるか?と思わせてくれる好著。マラソンランナーにぜひお勧めしたい一冊。

P.S. 2013年2月、ついに翻訳書として、スコット・ジュレク『EAT&RUN 100マイルを走る僕の旅』が登場!

 
BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族” EAT&RUN






2012/11/05(月) | Books | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/537-d3e7a9f9
 |  HOME  |