若き経済学者のアメリカOthers ≫ このボードゲームがスゴイ!

このボードゲームがスゴイ!

昨日書いたように、宣教師のアニキの家でボードゲーム『カタンの開拓者たち』にハマってしまった僕は、周りの友人にもおすすめしまくっていた。だけど、そのうちの一人が実はボードゲームにとても精通しており、「なにが今さら、カタンやねん」というお叱りを受けてしまったよ(苦笑)。


彼に言わせるとどうやら、ボードゲームの世界では、一般のゲームファンによる投票で選ばれる「ドイツゲーム大賞」と、ゲーム評論家等でつくられる選考委員会が選ぶ「ドイツ年間ゲーム大賞」が、毎年のボードゲーム最優秀作ということらしい(この紛らわしい2つの名称はなんとかして欲しいものだが)。ドイツボードゲームについての解説記事としては、こちらの記事や、こちらの記事が詳しい。

当然、評論家とファンとではボードゲームに対する評価ポイントも異なるだろうが、下表に示されるように、ドイツゲーム大賞が制定された1990年以降、過去23年間の受賞作をみると、6作品が2賞をダブル受賞している。これらの6作品はつまり、玄人受けもするし一般ユーザー受けもしたということなのである。友人によれば、いずれも面白く遊べるおすすめのボードゲームだそうだ。

その中で彼がとくに気に入っているのは何か聞いてみたのだが、それが実は『プエルト・リコ』なのだそうだ。ファンの支持を得て2002年のドイツゲーム大賞受賞作であるが、選考委員会では選ばれていない。ゲーム展開が運に左右されることが少なく、極めて戦略性の高いものなのだそうだ。大人のボードゲームの極みと言えるのかも知れない。ぜひ今度は僕もこのボードゲームの世界に電撃参戦させてもらおうと思っている。


germangames2.jpg




以下が過去にダブル受賞を達成したボードゲーム6作品と、僕の友人推奨の『プエルト・リコ』。確かにどれも凝った内容の大人のゲームと言えそうだ。


2009年ダブル受賞:ドミニオン

ドミニオン 日本語版

ドミニオンとは、領土のこと。プレイヤーは中世欧州の小王国の領主となり、自分の領土を他のプレイヤーと競いながら拡大していく。このゲームでは、自分のデッキが自分の領土(ドミニオン)を表する。プレイヤー全員は、「銅貨」と「屋敷」しかない小さなデッキを持ってスタートする。ゲーム中に、銅貨を元手に様々なカードを購入し、入手したカードの能力を駆使して自分のデッキを強化しながら領土を拡大していく。そして、ゲーム終了時点で、自分のデッキ内の「勝利点」が最も多いプレイヤーがゲームの勝利者となる。このゲームでは、ゲーム中に購入(入手)する全25種類ある王国カードのうち、1回のゲームで使用するのは10種類のみ。したがって、使用する王国カードの選択次第で、何百通りの戦い方があることが特徴。また、王国カードの使用法にTCG(トレーデイング・カードゲーム)のメカニズムを取り入れてあり、何通りものカードのコンボを発見する楽しみもある。




2001年ダブル受賞:カルカソンヌ

カルカソンヌ

2001年にドイツで、年間ボードゲーム大賞を受賞して以来、ベストセラーボードゲームです。【特長】地形タイルを並べて大きな地図を作りながら得点を競うゲームです。どこで点を取るか、どんな地図にして点を取るかがポイントです。目先だけの得点では勝てません。将来を読む目が必要です。




1999年ダブル受賞:ティカル

ティカル

ティカルはマヤ文明の最大かつ最も重要な遺跡です。 グアテマラ北部、果てしなく広がる密林の只中に位置しています。マヤ人はこのティカルに紀元前600年から西暦900年頃まで住んでいたのですが、この1500年の長きにわたった文明について解っていることはほとんどありません。 この文明の執筆時点では、遺跡のごく一部しか発掘調査は行われていません。ここで最大4つの探検隊が遺跡の更なる調査を行い、未知の神殿や財宝の発掘と復元を試みます。 プレイヤーはそれぞれ、ティカルを調査する探検隊の責任者となり、千年間隠された神殿そして貴重な宝物へと至る秘密の道を探します。 得点計算ラウンドのたび、発掘した財宝や管理下にある神殿ごとに点数を受け取ります。とはいえ神殿も財宝も所有者は変わり得るのですが。 ティカルの探検で最も多くの点数を稼いだ探検隊がゲームの勝者となります。




1996年ダブル受賞:エルグランデ

エルグランデ

The game is played in nine rounds. Three of these (rounds 3, 6, and 9) are scoring rounds, when player scores are counted according to their positions within the various regions. When the game is played with two players, it can be rather fast-paced. If five players participate, the game becomes very complex and challenging, as it becomes almost impossible to "do the mathematics" on the regions, and players team up and compete to keep others from winning, or to score more points for themselves.




1995年ダブル受賞:カタンの開拓者たち

カタンの開拓者たち スタンダード版

世界、そして日本でも“ボードゲームの王様"と言われるほどの人気を誇る「カタンの開拓者たち」。第2弾としてスタンダード版が発売!カタンという無人島を舞台に、拠点となる開拓地(家)を建ててそこから島全体を開拓していきます。複数の対戦相手との開拓競争で、最初に10点(例:開拓地1点)取った人が勝者になります。具体的には、サイコロによって島から5種類の資源が産出されるので、その資源を元に次の開拓地を建てていきます。ですが、なかなか必要な資源が集まらないこともあります。時には対戦相手に協力して資源を獲得し、時には陣地の獲得競争を行いゲームを進めていきます。やがて島は狭くなり、土地と資源の争いが激しくなります。当然のことながら、カタンの支配者は一人だけ。誰が勝者となるのでしょうか!?8歳から楽しめて、誰もがハマるボードゲームの決定版です!




1990年ダブル受賞:貴族の務め

貴族のつとめ

「貴族のつとめ」とは、ロンドンの格式ある”Club Antique”のコレクションに夢中になった領主達に言われたもので、 彼らは滑稽な収集物を集めていました。パイプの首、おまる、お面、スターの記念品、おもちゃ、プラカードなどがとりわけ彼らの熱中した収集物でした。 どれほど奇抜であるかの競争でした。誰が最も価値の高い収集品を集め、それをうまく展示することができるのでしょうか。 オークションハウスでは、値段がつりあがります。Jonny Weismullerの腰巻に最も高値を付けるのは誰でしょうか。 1660年の錫製のおまるを落札するのは誰でしょうか。同時にイギリスの美しい古城や別荘では、それらの品評会が行われています。 領主達は、お上品に見せあいっこをしているだけではありませんでした。休むことなく、泥棒を競争相手のところに送り込んだり、 探偵を使って他の泥棒を牢獄に送り込んだりしようとします。 うまく勘を働かせて、はったりをきかせたプレーヤーがゲームの勝者となって、貴族のつとめを果たした、ということになるのです。 ゲーム終了時に、コマが最も進んでいるプレーヤーの勝利となります。




2002年:プエルト・リコ

ドイツゲーム大賞(評論家賞)のみの受賞だが、僕の友人イチオシの大人のボードゲームがこの『プエルト・リコ』らしい。極めて戦略性が高く、夜を徹して熱中すること間違いなしらしいぞ。

プエルトリコ

The most critically acclaimed board game of the last twenty years, Puerto Rico continues to wow people with its brilliant mechanics. Each player utilizes different roles -mayor, captain, settler, trader, prospector, craftsman, or builder to score the most victory points with their colony. Players can act on every turn of the game, allowing them to choose between shipping goods for points or building an impressive city. Players must manage their colonists, erect a variety of buildings, build up their plantation, and sell or ship goods. With dozens of options, Puerto Rico is a streamlined game that can be played in about an hour and handles up to five players.





2012/12/24(月) | Others | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

けがわ

『No title』

表のドイツゲーム年間大賞 SdJ とドイツゲーム賞 DSP が逆になっていると思うのですがどうでしょうか? プエルトリコはファンの間では人気が高かったのですが、選考委員会には選ばれなかったものです。なので「ファン投票では選ばれていない」というのは事実と異なります。

2013/01/05(土) 14:21:03 | URL | [ 編集]

tikin

『Re: No title』

> けがわさん、ご指摘ありがとうございます。逆になっていましたので、表と文章ともに修正しました。

2013/01/08(火) 11:01:11 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/552-b880d7d1
 |  HOME  |