若き経済学者のアメリカEconomics ≫ 美容と整形の経済学

美容と整形の経済学

老いも若きも、男も女も、今や整形美容に気を使う時代である。Economist 誌の下図は世界の施術・手術件数を表したもの。日本のメディアでは韓国で整形が多いと取る上げることが多いが、ギリシャ・イタリア・ブラジルもなかなかの数。また件数とともに、「どこ」を整形するのかという点にお国柄が出ているようなのが興味深い。手術箇所や手術費用等のより詳しい統計は、こちらのレポート(pdf)にまとめられている。それにしても、"plastic surgery" って「人工的」というニュアンスを思い切り詰め込んだ、スゴイ言い方だよね・・・。





plasticsurgery.png


さて、そんな大人気の整形手術だが、果たしてその効果はどの程度あるものか?を韓国のデータを用いて検証したのが、"Plastic Surgery: Investment in Human Capital or Consumption?" (2012, Journal of Human Capital). 労働市場でも結婚市場でも、整形手術の投資対効果が見られなかったということだが、恋愛市場では効果があったりしてね。

Abstract: Beauty has been shown to be valuable in many markets and supposedly can be improved through plastic surgery. This raises the question of how effective plastic surgery is in improving a person’s beauty and economic outcomes. We find empirical evidence that while people improve their facial beauty through plastic surgery, the associated monetary benefits from beauty premiums in labor and marriage markets are not high enough for most men and women to recover the surgery costs. This finding suggests that plastic surgery may be justified in terms of consumption rather than as investment in human capital.




関連する記事として、同じくEconomist のこの記事 "The economics of good looks: The line of beauty; Pretty people still get the best deals in the market, from labour to love" も面白い。そこで紹介されている3冊のうち既に2冊は翻訳が出ているようだ。さすが日本も 整形 美容・健康大国だからね!以前書いた「婚活の経済学」も合わせてどうぞ。







2013/01/11(金) | Economics | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/557-409646cb
 |  HOME  |