若き経済学者のアメリカPresident ≫ アメリカ大統領就任演説

アメリカ大統領就任演説

180万の群衆が首都ワシントンを埋めたあの日から4年、オバマ大統領の二回目の大統領就任演説が明日行われる。集客見込み60-80万人という数字が、氷点下が予想される明日のワシントンの天気以上に、オバマ支持の冷え込みを現しているようでもある。




歴代大統領の演説原稿は、1789年4月30日の米国初代大統領ジョージ・ワシントンのものから、2009年のバラク・オバマのものまで、こちらのアーカイブで公開されている。

それらの演説を読み聞き比べて、8つの教訓としてまとめたのが、フォーブスの記事 "8 Public Speaking Lessons from 57 Inaugural Speeches: The Good, The Bad, and The Ugly". そのうちの一つが Be Quotable. 次のように書かれているように、そして誰しもどこかで聞いたことがあるように、確かにこれらのメッセージは「アメリカの歴史を貫くDNA」と言えるものだろう。


I would be remiss not to mention what many consider some of the greatest speeches in our history, and more specifically what helped make them great … memorable quotes. The quotes below hold permanent spots in the DNA of American history.

”This great nation will endure as it has endured, will revive and will prosper. So, first of all, let me assert my firm belief that the only thing we have to fear is fear itself.” (Franklin D. Roosevelt, March 4, 1933.)

“My fellow Americans: Ask not what your country can do for you – ask what you can do for your country. My fellow citizens of the world: Ask not what America will do for you, but what together we can do for the freedom of man.” (John F. Kennedy, Jan. 20, 1961.)

“In this present crisis, government is not the solution to our problem; government is the problem.” (Ronald Reagan, Jan. 20, 1981.)





2013/01/21(月) | President | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/563-62d038b8
 |  HOME  |