若き経済学者のアメリカEducation ≫ ビル・ゲイツからの手紙と innovations in measurement

ビル・ゲイツからの手紙と innovations in measurement

ビル&メリンダ・ゲイツ財団では海外では特に途上国の貧困の問題を、そしてアメリカ国内では教育改革に取り組んでいる。米国の公教育の分野で財団が手厚く支援しているのが、以前書いたようにKIPPと呼ばれるチャータースクールであり、その取り組みについてはビル・ゲイツがTEDでも講演している。



さてその財団の第5回目となる 2013年の annual letter の中でビル・ゲイツは、"Why measurement matters" と題し、明確な目標設定と正確な成果計測が必要不可欠と強調している。ビジネスの世界では常識だったことが、政策決定や評価の場面では必ずしも当たり前となっていないことに対するフラストレーションであるようにも読める。ひょっとすると、ビル・クリントン元大統領の当時の選挙キャンペーン・メッセージを真似て、"It's the measurement, stupid!" くらいは言ったかも知れんね。

Unlike business, where profit is the “bottom line,” foundations and government programs pick their own goals. In the United States our foundation focuses mostly on improving education, so our goals include reducing the number of kids who drop out of high school. In poor countries we focus on health, agriculture, and family planning. Given a goal, you decide on what key variable you need to change to achieve it—the same way a business picks objectives for inside the company like customer satisfaction—and develop a plan for change and a way of measuring the change.



In previous annual letters, I’ve focused a lot on the power of innovation to reduce hunger, poverty, and disease. But any innovation—whether it’s a new vaccine or an improved seed—can’t have an impact unless it reaches the people who will benefit from it. That’s why in this year’s letter I discuss how innovations in measurement are critical to finding new, effective ways to deliver these tools and services to the clinics, family farms, and classrooms that need them.





2013/02/08(金) | Education | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/572-a245570e
 |  HOME  |