若き経済学者のアメリカBooks ≫ 現役CEOたちに学ぶリーダーシップとマネジメント

現役CEOたちに学ぶリーダーシップとマネジメント

ニューヨーク・タイムズ紙の日曜版ビジネス・セクションで連載されている "Corner Office: Conversations about leadership and management" が面白く、毎週たのしみにしている。大企業CEOからスタートアップ社長まで様々な人物が取り上げられ、組織のリードの仕方、人材のマネージの仕方について、Adam Bryant が聞いていくというショートインタビューの形式をとっている。




本コーナーのユニークさは、時に微小なまでの tips を掘り下げて聞いていることではないだろうか。例えば先日の話しで興味深かったのが、新しい社員を採用するときに人物をどう評価するかというもの。その社長曰く、ひととおりの面接が終わった後これはと思った人材に対しては、日を改めかつ配偶者同伴でディナーに招待するというもの。

そこまではまあよくある話かと思ったのだけれど、この社長はこのディナーの場でも、面接ですでに聞いたはずの同じ質問をもう一度するというのだ。その心は、配偶者の前でも同じことが言えるかどうかを見ているのだという。例えば前職での実績を面接で大げさにアピールする男性もいるだろう。果たして彼は奥様の前でも同じように話せるだろうか?もしそれができなければ、面接の場だけカッコつけてみたことになるわけだ。

ほんと些細なことなんだけど、その会社がまだ小さかった頃の話なので、確かに人物評価・採用は死活問題なんだと思う。そういう小さな工夫をいくつも積み重ねてきたからこそ、現在の社長そして企業の姿があるのだろう。一人ひとりのエピソードはとても短く、簡単に読める。2011年までの内容は書籍 "The Corner Office: Indispensable and Unexpected Lessons from CEOs on How to Lead and Succeed" にまとめられている。これはぜひ続編を、そして翻訳を出したらいいのに、という極めて優れたインタビュー集である。



2013/02/24(日) | Books | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/576-9191bbf1
 |  HOME  |