若き経済学者のアメリカPresident ≫ オバマ大統領の2013年一般教書演説

オバマ大統領の2013年一般教書演説

オバマ大統領による今年の施政方針の表明。演説中のキーワードの使用頻度は今年も "job" が最多であり、雇用拡大が引き続き政権の最大課題であることが伺える。


obama20130212.jpg


1時間の演説では、雇用以外では次のような課題が言及された。米国内においては、銃規制や移民問題、そしてエネルギーおよび教育について。海外においては、中東・アフガン情勢やサイバーテロに対する課題等々。動画とスピーチ全文そしてポイント解説については、いつも通りニューヨーク・タイムズがよくまとまっていると思う。







2013/02/14(木) | President | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/579-152ebd4f
 |  HOME  |