若き経済学者のアメリカEconomics ≫ 美容と整形の統計学:米国と英国の諸事情

美容と整形の統計学:米国と英国の諸事情

「美容と整形の経済学:最新版」では、世界各国の整形手術件数がまとめられていたが、以下は米国と英国のより詳しいデータ。米国では豊胸手術が増加する一方で英国では減少、という違いはあるものの、どちらの国でも市場規模全体は拡大傾向にあり、ビューティー・マーケットの勢いは止まらない。


<米国事情:US plastic surgery statistics
US-plastic-surgery-statis-001.jpg




a
a

<英国事情:UK plastic surgery statistics
Plastic-surgery-statistic-009.jpg



しかし、それにしても、これだけ多くの体のパーツに修整が入り、そのうえ「オンラインデートサイトの嘘プロフィール」まで加わってしまったら、これはもう何を信じたらいいのか、本当に分からなくなるね。

ただし、以前「美容と整形の経済学」で書いたように、"Plastic Surgery: Investment in Human Capital or Consumption?" (2012, Journal of Human Capital) によれば、整形手術の投資対効果はほとんどなかったみたいなんだけれども。


Abstract: Beauty has been shown to be valuable in many markets and supposedly can be improved through plastic surgery. This raises the question of how effective plastic surgery is in improving a person’s beauty and economic outcomes. We find empirical evidence that while people improve their facial beauty through plastic surgery, the associated monetary benefits from beauty premiums in labor and marriage markets are not high enough for most men and women to recover the surgery costs. This finding suggests that plastic surgery may be justified in terms of consumption rather than as investment in human capital.




2013/03/31(日) | Economics | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/587-d35c8ad4
 |  HOME  |