若き経済学者のアメリカJapan ≫ 日本の「市民ケーン」:新聞王・正力松太郎と原子力発電

日本の「市民ケーン」:新聞王・正力松太郎と原子力発電

3・11から2年を迎える。そのときアメリカにいて、その後もまだ福島に行っていない僕にとって、「3・11」も「フクシマ」も、今なお各種メディアを通してしか知らない世界である。だからこそ、その背景を知ろうと関連書をいろいろと読んでみたという経緯もある。




昨年のちょうど今頃「原子力発電の過去・現在・未来」で書いたように、そもそも原子力発電を日本に持ち込んだのが正力松太郎。読売新聞を買収し世界最大の新聞会社に育て上げただけでなく、巨人軍を創設しプロ野球を立ち上げた他、日本全国のテレビ網の整備(日テレ)まで手がけた男。

その正力を題材としたノンフィクションが『巨怪伝』。佐野眞一の数多の作品群の中でも飛び抜けて面白い一作だ。正力松太郎という人物がいかに俗物であり、傑物であり、そして怪物であったのか、その考え方と生き様が余すことなく描かれている。佐野が言う「大衆の欲望を飲み干した男」という表現は、まさにズバリの形容だろう。





そんな正力を、Economist誌が先日特集("Matsutaro Shoriki: Japan’s Citizen Kane")したのだから大変興味深い。長めの記事だが、「海外から見た正力」に関心があればぜひ一読を勧めたい。

Japanese history is peppered with stories of giants whom almost no one outside the country has ever heard of. Because of Japan’s reverence for humility, their tales tend to be subsumed within the companies or projects the individuals created. Shoriki is different. There is nothing humble about him: his is a story of ruthless ambition, bordering on megalomania.



Shoriki lurks in the background of much of 20th-century Japan, too. He created so much of what defines the nation today that it is a wonder he is not as well known as, say, William Randolph Hearst (one of his big Western admirers) is in America. Shoriki was as much the pugnacious, brooding, manipulative and visionary “Citizen Kane” as Hearst.



he was the “father of nuclear power”, using his cabinet position and media clout to transform an atom-bombed nation into one of the strongest advocates of atomic energy. That legacy now smoulders amid the ruins of the Fukushima Dai-ichi nuclear plant.





2013/03/10(日) | Japan | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/592-faa8b57e
 |  HOME  |