若き経済学者のアメリカJapan ≫ 日本語(漢字)

日本語(漢字)

さて、英語レッスンを続けているということは、日本語レッスンを続けている、ということでもある。今学期とくに彼女が学びたいと言ったのが漢字だ。すでに結構な数の漢字は読み書きできるのだが、それでももっと覚えなくてはと言う。実際、自分で漢字カード(日本人がつくる英単語カードと同じだね)を作って、一つ一つ覚えているところだそうだ。そこから重要なものをピックアップして、問題を出して欲しいというのがリクエストだった。

それでは漢字レッスン始めましょうということで、一つの漢字が持つ意味と、そこから熟語の意味を推測する、ということをやっていく。例えば、「動」というカードがあるのでその意味をまず聞いてみる。これは覚えていたようで、move とか motion だと答える。そうそうその通り。次に別のカードから「活」を聞いてみる。これは忘れてしまっていたので、live とか active という意味だと伝える。それでは「活動」はどんな意味?というのが問題だ。

何度か惜しい答えが続き、最後に activity を見つけたときは嬉しそうにしていたね。その後も、「運」と合わせて「運動」や、「感」と合わせて「感動」等の意味を探す、一種のゲームだ。意味をはずす度に悔しそうにし、当てる度に目を輝かせるのを見ていると、漢字ってすごいゾと改めて思う。表意文字の素晴らしさと豊かさを感じずにはいられない。

僕自身にとっても英語と漢字の類似や相違を感じるいい機会になった。そういえば「感動する」は英語でも、move なんだよなぁと思ったりするのが、自分でも面白い。そんな漢字レッスンは今も続いている。


kanji.jpg

2009/06/18(木) | Japan | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/62-4744bb7a
 |  HOME  |