若き経済学者のアメリカAmerica ≫ ロサンゼルスのリトル・トーキョーでラーメンを食す

ロサンゼルスのリトル・トーキョーでラーメンを食す

ちょいとラーメンを食べに行ってきた、こちらのお店まで。雰囲気にてるけど、池袋とか恵比寿の店ではない。

ramen_insinde.jpg


ロサンゼルスのリトル・トーキョーに店舗を構える、DAIKOKUYA さんである。普通に美味しかったんだけど、ビールに餃子にと色々頼んだら意外に高くついてしまった。こんなに日本っぽい空気の中で食事したら、消費税とチップの高さを忘れちまったじゃないか。

ramen_outside.jpg


あと一つとんでもなく驚いてしまったのだが、周りのアメリカ人客、食べ残したラーメンをお持ち帰りしてるのね!いやぁびっくりしたよー。ピザとかサラダなら、残った分をパックに入れてもらって持ち帰るのは全然OKだよ。でもラーメンでしょ?麺のびちゃうじゃないか、と思っていたら、麺とスープは別々のパックに入れてくれるのね。でも、帰宅してからそんなん食べても、絶対に美味しくないよね・・・・。



その他、日本食スーパーや日本食レストランがある一角はこんな感じ。日本人以外の観光客なども含め、それなりに賑わっている様子。

littletokyola.jpg


今回僕がここに来たのは、ラーメンを食すためではない(それもあるけど)。そうではなく、アメリカにおける日系人の歴史を学びに、リトル・トーキョーのはずれに建つ、全米日系人博物館を訪れるために来たのである。


以前書いたように、NHKのシリーズ『渡辺謙 アメリカを行く』は、日本および米国それぞれの国において、日系人がどのような歴史を歩んできたのかを特集した優れた番組であった。僕はその足跡を自ら追うために、その旅の出発点としてここリトル・トーキョーに来たのである。

・"9.11テロ" に立ち向かった日系人

・星条旗の下に生きたヒバクシャたち


japaneseamericanmuseum.jpg


2013/07/08(月) | America | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/646-e1b953e9
 |  HOME  |