若き経済学者のアメリカOthers ≫ クレイターレイク国立公園のディープ・ブルー

クレイターレイク国立公園のディープ・ブルー

カリフォルニアを超えてオレゴン州に入り、最初の目的地であるクレイターレイク国立公園に向かった。公園の規模としては、ヨセミテに比べれば圧倒的に小さい。しかし、アメリカでも5番目に古い国立公園であり、なによりもここの中心を成すカルデラ湖が目を見張るほどに青く美しい。吸い込まれそうなブルーというのは、こういう色を指すのではないだろうか。

元々この地に住んでいたインディアンから崇められていた山、それが噴火して出来た湖。その深さはアメリカの湖で最も深い。一方でこの湖に流れ込む川も、そこから流れ出す川もない。この地に立って感じる神秘さは、他の自然公園では感じられない類のものだった。


craterlake2_tn.jpg

craterlake3_tn.jpg

craterlake4_tn.jpg

2013/08/02(金) | Others | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/653-bf88a4f5
 |  HOME  |