若き経済学者のアメリカEconomics ≫ フットボールの統計学:Data-driven football の幕開け

フットボールの統計学:Data-driven football の幕開け

野球のマネーボールをサッカーにも応用しようという動きが始まってから早数年。成果といえるものにはまだ乏しく、サッカーの多種多様な、かつダイナミックなプレイの一つ一つを情報収集し分析することの難しさが改めて浮き彫りになるようだ。

・Liverpool が目指す data-driven approach

・Manchester City が開く新たな時代



そんな困難に積極的に挑戦してきたのが、英国プレミアリーグのリバプールであり、マンチェスター・シティだった。そして今シーズンのプレミアリーグでは、こうしたデータ活用が一層進みそうだというのが、先日の Economist の記事。ますます目が離せないシーズンになりそうだ。

・Data-driven football: Fantasy football manager

・Ball-watching: The world’s richest football league is embracing big data






2013/08/26(月) | Economics | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/675-73f6e182
 |  HOME  |