若き経済学者のアメリカNews ≫ サッカー選手移籍市場とプレミア・リーグ

サッカー選手移籍市場とプレミア・リーグ

CSKAモスクワの本田圭佑は、残念ながら今年の夏もACミランへの移籍が叶わなかった。しかしながら、移籍市場全体としては大いに賑わった、というEconomistの記事。その中心となったのが、史上最高の移籍金額(£85m)で、プレミアリーグのトッテナム・ホットスパーからレアル・マドリーへの移籍が決まったガレル・ベイルだ。

Real Madrid’s protracted pursuit of Gareth Bale, a Tottenham Hotspur forward, voted the best player in England last season, only ended once the clubs agreed on a world record £85m fee. This surpassed the £80m that Real Madrid paid to wrest Cristiano Ronaldo from another English club, Manchester United, in 2009



20130907_woc346.png



同記事はさらに、プレミアリーグ全体としても、この夏の移籍市場は過去最大のビジネスとなったと書いている。

This summer English Premier League (EPL) clubs did record business. According to Deloitte, a professional services firm, they spent a combined £630m ($983m) on new players. This is a new high and far outstrips spending in other countries.



Deloitte のページへ行くとさらに詳しいレポートを読むことができ、一部は以下の様なインフォグラフィックとしてまとめられている。他の欧州リーグと比べ、プレミアリーグの突出した「リッチっぷり」(高額のテレビ放映権料が支える)が伝わってくる。プロの世界とは、カネの世界。詳細は、"Deloitte Football Money League 2013" で。


<関連エントリ>
・サッカーチームの経済学
・サッカー監督の経済学
・フットボール マネーリーグ 2013


Summer 2013 Tranfer Window Analysis

The Deloitte Sports Business Group presents the Summer 2013 Tranfer Window Analysis



Annual Review of Football Finance 2013

The Deloitte Sports Business Group presents the Annual Review of Football Finance 2013




2013/09/06(金) | News | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/678-d0160dfc
 |  HOME  |