若き経済学者のアメリカBooks ≫ シグナル&ノイズ 天才データアナリストの「予測学」

シグナル&ノイズ 天才データアナリストの「予測学」

以前に紹介した、ネイト・シルバーの著書 "The Signal and the Noise: Why So Many Predictions Fail-but Some Don't" がようやく翻訳出版された。

・選挙ウォッチャー:ネイト・シルバー

・全米大学バスケット・トーナメントと、統計家ネイト・シルバーの優勝予想



メジャーリーグ選手のパフォーマンス評価システムを開発し、「マネーボール」ばりのビジネスで成功を収め、その後はアメリカ大統領選挙の予測をことごとく的中させて名を馳せたデータサイエンティストのネイト・シルバー。

その彼が、天気・株価・選挙・スポーツといった多種多様なイベントの「予報・予想・予測」といったものを、統計学的な観点から分析したのが本書である。統計学、データサイエンス、ビッグデータ等のキーワードに関心があれば、ぜひ一読をすすめたい一冊。



大統領選挙での「オバマの勝利」を二度にわたり完璧に予測し、全米中を騒然とさせた天才的データサイエンティスト、ネイト・シルバーによる話題の書。金融市場、天候、政治(選挙)、プロスポーツなど、さまざまな分野における予測の重要性と精度、失敗例・成功例などに具体的に言及しながら、複雑に絡み合った情報のなかに混在するシグナル(予測の手がかり)とノイズ(雑音)の見分け方、陥りやすい落とし穴、予測の精度を高めるための手法などを平易な言葉で解説する。ビッグデータ分析のための貴重なヒントを凝縮した一冊。






2013/11/28(木) | Books | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://theyoungeconomist.blog115.fc2.com/tb.php/690-670307bc
 |  HOME  |