若き経済学者のアメリカ ≫ Others

NBAとビッグデータと、バスケットボールの統計学

「NBAが巻き起こすビッグデータ革命-選手とボールの動きをすべてデータ化し試合を100倍面白くする」という先日のニューズウィーク記事を興味深く読んだ。
続きを読む

2013/11/20(水) | Others | トラックバック(0) | コメント(0)

国際大学の紹介

何かと慌ただしくしており、久しぶりのエントリとなるのだが、今年9月に着任した国際大学(新潟県南魚沼市)について簡単に紹介してみたいと思う。

1982年に設立された私立の大学院大学(つまり学部課程はない)で、国際関係学研究科と国際経営学研究科(MBA)の2つの修士課程から構成されている。

僕が着任した国際関係学研究科には、経済学や公共政策等いくつかの専攻があり、履修する講座に合わせて、M.A. in Economics、M.A. in Public Management、M.A. in International Relations 等の学位が授与される。

iuj2.jpg
続きを読む

2013/11/05(火) | Others | トラックバック(0) | コメント(0)

着任のご挨拶

今年ロチェスター大学で経済学Ph.D.を取得し、このたび国際大学に着任いたしました。

留学を機にこっそりと書き始め、ひっそりと書き続けてきたこのブログですが、これまで読んで下さった方々にお礼申し上げます。誰かが読んでくれているというのは大変うれしいものでした。
続きを読む

2013/09/27(金) | Others | トラックバック(0) | コメント(4)

いよいよアメリカを離れるときがやってきた

シアトルでゴールを迎えた西海岸縦断ドライブの終わりは、僕のアメリカ生活に終わりを告げるものでもあった。2008年7月に渡米し9月に経済学部博士課程に入学、そしてこの夏、Ph.D.を取得して卒業を迎えた。

5年間の米国生活というのはそれなりに長い時間だったように思う。キャンパス内で学ぶことだけでなく、キャンパスの外でも多くの人にお世話になり、アメリカの歴史や暮らしや価値観に触れる機会があったことに、今とても感謝している。

その中でも一番のありがとうを伝えたかったのが、何度も遊びに行かせてもらったアメリカ人老夫婦。シアトル空港から最後の電話をかけた先も、この二人だった。


family1_tn.jpg
続きを読む

2013/09/24(火) | Others | トラックバック(0) | コメント(2)

シアトル:アメリカ西海岸2,750km縦断ドライブの終着点

ロサンゼルスを出発した今回のドライブ旅行も、ここシアトルでついに終着となった。マンザナー日系人収容所跡地、ヨセミテ国立公園、サンフランシスコとゴールデンゲートブリッジ、ナパ・ソノマのワイナリー、ツールレイク収容所跡、クレーターレイク国立公園、ベンドのクラフトビール醸造所、そして環境都市ポートランドと、旅の途上で多くの寄り道をしながらの2,750kmだった。

まずは事故もトラブルもなく、無事に走り切れたことに安堵。そして、今回の旅のゴールであるこのシアトルの町歩きを楽しんできた。


westcoasttrip.png
続きを読む

2013/09/21(土) | Others | トラックバック(0) | コメント(0)

環境都市ポートランドとグリーン政策

さて、クラフトビールの町ベンドを後にしてやってきたのが、オレゴン州最大の都市ポートランド。アメリカで最も環境に優しい都市としても知られており、"America's 50 Greenest Cities" でも、サンフランシスコやボストンを抑え堂々の第一位だ。

具体的には、公共交通が整備され、リサイクルが進み、再生エネルギー利用に取り組んでいるといった点が評価され、世界の先進・成功事例としても多く取り上げられる場所である。




市内中心部には路面電車が走り、段差がほとんどないため高齢者や車椅子利用者にとってもスムーズに乗り降りできるようになっている。ということはもちろんその他大勢の市民や観光客にとっても大変便利な交通機関であり、それだけで町歩きが快適に楽しくなる。

Portland1_tn.jpg
続きを読む

2013/09/17(火) | Others | トラックバック(0) | コメント(0)

オレゴン州の小さな町ベンドに酔いしれる

ロサンゼルスから車でひたすら北上してきたアメリカ西海岸 2,750km のドライブも、いよいよオレゴン州に入り終盤を迎えた。

1. 日系人収容所跡地を訪れる、西海岸縦断の旅
2. ヨセミテ国立公園で森林浴
3. ゴールデンゲートブリッジを渡ってワインの里ナパ・ソノマへ
4. ツールレイク収容所とカリフォルニア/オレゴンの州境
5. クレイターレイク国立公園のディープ・ブルー


今回の旅のゴールであるシアトルも、地図で見る限りもう近い距離にある。そんな中で立ち寄ったのがベンドという街。オレゴン州最大の都市ポートランドの名前は聞いたり実際に訪れたりする人も多いだろう。それと比べるとベンドは本当に小さい町だ。

しかし、それが、僕にとっては今回の旅で最高に素敵な場所となった。その理由が、この小さな町には不釣り合いなほど数多く存在するクラフト・ビールの醸造所だ。


bendmap.png
続きを読む

2013/09/12(木) | Others | トラックバック(0) | コメント(0)

NHK戦争特番:長い旅路~日本兵になったアメリカ人

毎年8月になるたびにNHKで放送される、太平洋戦争に関連した番組。過去には、「渡辺謙が行く」として特集された、第一回『星条旗の下に生きたヒバクシャたち』、そして第二回『"9.11テロ" に立ち向かった日系人』といったものが、僕の記憶にも強烈に残っている。

これらの番組で紹介されたのが、ノーマン・ミネタ・ヨシオ氏を始めとする戦時中の日系アメリカ人。太平洋戦争勃発とともに敵性外国人として扱われ、強制収容所に収容された。日本人である日系一世と、アメリカ人である日系二世の間の葛藤。アメリカ人でありながらそう扱われない二世の屈辱。そして米国への忠誠を要求され、それを行動で示すためにドイツ最前線に送られたその二世たち。

二つの国に挟まれ翻弄され、過酷な人生を生きた彼らの生き様は、山崎豊子『二つの祖国』や真保裕一『栄光なき凱旋』でも描写されている。




そんな日系アメリカ人の歴史をもっと知ろうと思い僕が旅に出たのは、「日系人収容所跡地を訪れる、西海岸縦断の旅」で書いたとおりだ。そして今年の8月の一連の戦争特集番組でとても気になるのが、NHK-BS で8月15日(今夜10時ですよ!)16日に連続放送される、『長い旅路~日本兵になったアメリカ人~』。
続きを読む

2013/08/15(木) | Others | トラックバック(0) | コメント(0)

クレイターレイク国立公園のディープ・ブルー

カリフォルニアを超えてオレゴン州に入り、最初の目的地であるクレイターレイク国立公園に向かった。公園の規模としては、ヨセミテに比べれば圧倒的に小さい。しかし、アメリカでも5番目に古い国立公園であり、なによりもここの中心を成すカルデラ湖が目を見張るほどに青く美しい。吸い込まれそうなブルーというのは、こういう色を指すのではないだろうか。

元々この地に住んでいたインディアンから崇められていた山、それが噴火して出来た湖。その深さはアメリカの湖で最も深い。一方でこの湖に流れ込む川も、そこから流れ出す川もない。この地に立って感じる神秘さは、他の自然公園では感じられない類のものだった。


craterlake2_tn.jpg

craterlake3_tn.jpg

craterlake4_tn.jpg

2013/08/02(金) | Others | トラックバック(0) | コメント(0)

ゴールデンゲートブリッジを渡ってワインの里ナパ・ソノマへ

ヨセミテ国立公園を後にして、サンフランシスコに到着。ゴールデンゲートブリッジ周辺でサイクリングを楽しむ人も多く、ほのぼのとした雰囲気。むかしヒッチハイクで渡った鳴門大橋に景色が似てるような気もする。

・彼女について語るときに僕の語らないこと


sf1_tn.jpg
続きを読む

2013/07/20(土) | Others | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »